ブログ

英語でひとこと ”Tomorrow is another day!”

Tomorrow is another day!“は、「明日という日がある!」となります。

1939年の映画「風と共に去りぬ」の主人公スカーレット・オハラ、最後の台詞が「Tomorrow is another day.」です。「今どんな苦境にあっても、明日になれば、物事はいい方向に転じる」という前向きな意味が込められています。

辞書などでは、「明日は明日の風が吹く」という日本語訳が定着しているようです。

ただ、「明日は明日の風が吹く」だと、「明日はまた別のなりゆきになる。」という意味合いになり、「流れに身を任せて生きる」という意味になってしまいます。この訳だと、それほど励ましにならないかもしれません。

それよりは、「今がどんなにつらくても、明日という日がある。だからけっしてあきらめず、希望をもって生きよう。」という意訳のほうが、合っている気がします。

落ち込んでしまうと、その日が世界の終わりみたいになることありますよね。そういった時、「そんなことない、明日という日がある!」と言う希望を込めた意味で “Tomorrow is another day” と言うと、少しは前向きになれるかもしれません!

関連記事

ページ上部へ戻る